FC2ブログ

世界の愛を表現する

今回のブログはとても感覚的なところで書いているので少し分かりにくいかもしれませんが、少しでも伝わればよいなと思ってUPさせてもらいます^^


Kei:米津玄師さん作詞作曲の「パプリカ」や「カイト」を聴いていると、米津さんは世界を愛していて、世界の愛を音楽でこんなにも美しく表現できるんだな~って私には感じられて感動して・・・

じゃあ、私は『世界の愛(世界への愛)』をどう表現できるだろうって考えた時、音楽は作れないから、絵かな、と。

それで、どんな絵を描いたら私が感じる世界の愛の表現になるんだろうってここ数日考えてたのね。

画家って、何気ない風景だったり人だったりを何時間も何日も、長いと何年もその対象を”見て”、ひたすらに描き続けるでしょ。

それってすごい愛だよね。

愛の反対は、無視、見ないこと、だから”見る”っていうのは対象に愛を注いでいるっていうこと。

そもそも描こうと思った対象に対して何か心が動いたから描いているわけで。

それが悲しみやわびさびであったとしても、その心が動くっていうこと自体、愛だと思う。

それが日常の何気ない瞬間だったりすると、あぁそういう何気ない瞬間にも心が動く(愛を感じる)んだな、それは美しいなって思うの。

心が動いた(愛を感じた瞬間)をひたすらに見て、表現して、それが純粋に表現されたとき、その作品を見た人も感じる何かがあるわけで、それって世界の愛を伝えてるってことだと思うんだよね。

それは多分、絵でなくてもよくて・・・言いたいこと分かるかな?

私たちって”見てない”だけで、いつでも世界の愛を感じることはできるし、”見る(意識を向ける)”ことでそれに気づくこともできると思うんだよね。


Makoto:それを面と向かって表現した時が愛の始まりだよ。


Kei:ほう。


Makoto:愛を感じても自分の中に閉じ込めていたら、ふさがってしまう。

愛を表現した時に始めて、人とつながることができる。


Kei:つながるってことが愛の始まりだと。

なるほど、それは美しいね。

世界の愛ってさ、そこ(対象)にあるものだと思う?

それとも自分の中にある愛をそれ(対象)を通して感じているのかな?


Makoto:両方だね。

地球の上で地に足つけて生きているってことは愛の中にいるってことだけど、それは見えないから分からないよね。

それを感じるには、自分の中にある愛を通して感じることになる。


Kei:世界の愛を感じるというのは、すでにそこにある愛を感じることと、自分の中にある愛を感じること両方なんだね。



827d19370decea83764c6987f7d04708_s.jpg



2 Comments

めーぷる  

私は……

私が世界(へ)の愛を表現するとしたら?と考えたら、やはり音楽……ではなく笑
あくまで音楽は方法のひとつとしてでした。
じゃあなんだろう?と思った時、湧いたのは「(今)ここにいる事」「今ここで生きている事」でした。
(今)ここで遊び、生きて、「愛ッ!!!!」ってなるのが、(心で)叫ぶのが、今の私の、世界(へ)の愛の表現かなぁと思いました笑
いつも以上に感覚的な表現で申し訳ないのですが……笑

でもこの感覚になったのも少し前からなので、多分成長していってるんだなぁと感じています。
またしばらくしたら変わるのかな?と思ったりもしました。最近は、それもワクワクして見守れるようになってきました。

2020/01/28 (Tue) 00:49 | REPLY |   

Makoto & Kei  

Re: 私は……

> めーぷるさん

コメントありがとうございます!!

> 湧いたのは「(今)ここにいる事」「今ここで生きている事」でした。
> (今)ここで遊び、生きて、「愛ッ!!!!」ってなるのが、(心で)叫ぶのが、今の私の、世界(へ)の愛の表現かなぁと思いました笑

おおっ!それはステキですね(*^∀^*)!!
そういうの好きです♡

めーぷるさんやMakotoや・・・このようなテーマでお話できる方が私(Kei)の周りにいてとても幸せに思います♡


> でもこの感覚になったのも少し前からなので、多分成長していってるんだなぁと感じています。
> またしばらくしたら変わるのかな?と思ったりもしました。最近は、それもワクワクして見守れるようになってきました。

そうですね!
私もしばらくしたら違う感覚の話をしているかもしれません(笑)

2020/01/28 (Tue) 15:11 | REPLY |   

Post a comment