FC2ブログ

生まれてきたことに感謝できますか?

私(Kei)は先日誕生日を迎えました^^

ここ数年、私のお誕生日の恒例行事は「両親に感謝を伝えに行くこと」です。

今回は手紙とプリンを持参して両親に会いに行きました↓
IMG_1936.jpg 

私が自分の誕生日に親に会いに行くようになったのは、23才の時の友人との会話がきっかけです。


私:昨日私の誕生日だったのに、親から電話なかった。

私の誕生日なんて忘れてるんだと思う。

ひどくない?

友人:は?

お前が電話しろよ。

私:なんで?

友人:生んでくれてありがとうって感謝するのが普通だろ。

私:え?

友人:親から電話がないって愚痴る意味が分からない。

俺は自分の誕生日には、「○才になりました。生んで育ててくれてありがとう」って親に電話してる。

私:そうなの!?

・・・・・・。

確かにそういう考え方も一理あるね。



この時の友人との会話は衝撃的でした!

私と友人の態度や考え方は180度違いました。

今思うと、その頃の私の態度は本当に子どもだったな、と思います。


ですが、次の年からすぐに友人のようにできたかというとそうではありませんでした。

なぜなら、心から感謝できなかったからです。

その頃の私には、親に対する不満や自分の人生に対する不満がいっぱいで、「生んでくれてありがとう」どころか「いつ死んでもいい」と思っていましたので・・・。


27才からスピリチュアルな世界に魅了され、様々なことを学び体験しました。

が、スピリチュアルを始めてからも、親に対して感謝できるようになるどころか、さらにひどい態度を取っていました。

「人は死んだら魂となり肉体の制限を抜けてもっと自由な世界に行ける。私は親が死んでも何とも思わない」と周囲の人に言っていたり、

「私の人生が上手く行かないのは幼少期のトラウマのせい。お母さんの子育てが悪かったから」と母にぶちまけたり・・・。

その頃の私はスピリチュアルな世界で言われていることの奥深さを理解できておらず、ちょっと残念な思考に陥っていました。


31才でMakotoに出逢い、潜在意識調和プログラムを受けたことで、ようやく親の愛に気付くことができ、心から感謝ができるようになりました。

これは私自身にとって、ものすごい変化でした!!(あまりに自然に変化していくので、ある日ふと昔の自分との差に驚いた、という感じですが)


自分の中に不満が溜っていると感謝なんて湧いてきません。

どうして母は私に対してそうなのか?

という自分中心で感情的な思考が強く、

どうして母はそういう言動をするのか?

という母を主役にした冷静な分析はできません。

イライラするのは嫌だし、考えても分からないので無関心になるしかなくなります。

無関心は愛の反対です。

気にしないフリをしていると余計に心が悲鳴を上げます。


親や人生に不満だらけで心が悲鳴を上げていた私が、たくさんのスピリチュアル系のセミナーやワークに参加してもダメだった私が、潜在意識調和プログラムを受けたことで「この世界に生んで育ててくれてありがとう」と自然と思えるようになりました。

潜在意識調和プログラムでは、「さぁ、親に感謝しましょう」とかそういうことをやるわけではありません。

「親と仲良くしましょう」というのを強制することもありません。

親との関係を冷静に見つめ直し、最適な方法(場合によっては離れるのが最善)を選択しやすくなっていきます。


ちなみに、私は母のことを冷静に見れるようになって、母の抱えているトラウマ、子どもの時の体験、人に対する考え方、よく悪夢を見ることなどを本人から話してもらえるようになり、より深い心の話ができるようにもなり、少しずつ”母という人”のことを理解できるようになってきました。

母が生きている間にそういう関係になれたことを本当に嬉しく思います。


潜在意識調和プログラムでは『自分を知り仲良くなる』ことに主軸に置いています。
自分を知り仲良くなることで、親子関係だけではなく、周りの人との関わり方、人生に対する感じ方も変わっていきます^^


GW中のご予約受け付け中です!
10連休は熊本で自分を知る旅をしてみられませんか?

プログラムの詳細・申し込み方法はこちら


0 Comments

Post a comment