FC2ブログ

上の子から下の子へ心の傷が連鎖する

Kei:前回の記事ではキャサリン様の口調がいつもより厳しかったように感じる。


Makoto:前回と同じ例(2才と6才の姉妹の例)で言うなら、

親が、姉に妹の面倒をみるよう厳しく言ったり、姉に対して「お姉ちゃんなんだから何でも自分でできるでしょ」と突き放したりすることは、お姉ちゃんである子どもにとって、とても大きな心の傷になる可能性が高い。

その状態が何年も続くと、次のようなことも考えられる。

・上の子が下の子をいじめる

・下の子を急かして無理に急がせる

・下の子がやろうとしていることを取り上げて上の子がやってしまう

・下の子がやったことに対して「できていない」「間違っている」などとにかく文句をつける

・親に怒られないように下の子のことで嘘をつく

・下の子をだまして自分の得になるよう仕向ける

上の子がそういうことをすると、下の子もとても深い心の傷を負ってしまう。

例えば、下の子がお手伝いをしようとしても、上の子がそれを奪ってやってしまったり、できていないと毎回指摘することで、下の子はやる気を失ってしまったり、自分がすることに自信が持てなくなってしまう。

すると、下の子は不器用で引っ込み思案になりやすかったり、人から気が利かないと思われる子になってしまったり、これ以上指摘されるのが嫌だと感じて結果的に引きこもりになってしまうケースも少なくない。

上の子から下の子へ深い心の傷、トラウマの連鎖が起ってしまう。

上の子は自分が親から負った緊張(プレッシャー)を無意識で下の子にも味わわせようとしてしまう


Kei:上の子が下の子のことで嘘をつくようになるっていうのも気になるね。


Makoto:自分が親から怒られないように嘘をついたり、もっと頭が回る子だと故意に下の子に対する親の信頼を失わせるために嘘をつく。

例えば、妹が泣いていて、親に理由を尋ねられたときに姉がキッパリと嘘をつく。下の子は嘘をつかれていることにびっくりもするし、本当のことを上手く説明できない。

大体こういうケースでは姉がしゃきしゃきしていて賢いと親に思われていて、妹は内向的ではっきりしない(←姉の干渉で内向的になりやすい)と親に思われている場合が多い。

だから親はしっかり者の姉の言うことを信じてしまう(妹を信頼しない態度を示す)。

すると、妹は嘘をつく姉だけでなく、それを信じる親に対して徐々に信頼をなくしていく。


Kei:実際にそういうことが大きなトラウマになっていたお客様も潜Pを受けていただいた受講者の中に何名かいらっしゃったね。

姉の方は大人になっても自分は下の子の面倒を見てやった(仲がいい)、と思っているけれど、妹側だったお客様は「もう会いたくない」と言って縁を切っている、もしくは極力会わないようにしている、という”温度差”が大人になった姉妹の関係に特徴的に見受けられることが多いし、親への深い失望も伴っている。


Makoto:上の子はさっきあげたような行為で下の子に憂さ晴らしをしている。

だから下の子に嫌なことをしていても、あまり記憶に残っていない。

けれど、下の子は嫌な思い出で埋め尽くされて、上の子との間にいい思い出もたくさんあったとしても、後々残るのは嫌な思い出だけになってしまう。

上の子にとっても下の子にとっても、大人になってからも大きな影響を与えるような心の傷にならないよう、負の連鎖が起きないように、キャサリンは厳しく言ったんだと思う。


キャサリン様:このブログを読んで「私、上の娘(息子)にプレッシャーをかけすぎていたかも」と思われた方がいらっしゃるかもしれません。

今更な・・・と諦めずに、まずは「上の子にプレッシャーを与えるのをやめる」という選択をされることを切に願っております。


820703382fa85b6d7fede096ee62ec4a_s.jpg 

4 Comments

めーぷる  

そうだったのかと思いました

この前の記事と今回の記事を読んで、なんとなく、そうだったのかと気付きました。

私は長女なのですが、母は「『お姉ちゃんだから』と言われるのが嫌だったから言わないようにしてる」とずっと言われてましたが、実際その言葉を言われていなくても、「親の手伝いをするのは当たり前、私もそうやって言われてきた」というのを押し付けられ、お手伝いをお願いする仕方も、言わなくてもわかるでしょ?といった口調や、態度(音を大きく立てる等)だった事に、最近気づきました。
特に妹にはあまり言わないのに、私には……という風に受け取れる事も多く、おそらくそれで妹を見下したりしていた(今もその片鱗はあるかと……)事もあるなぁとこれも最近気付きました。

それのおかげで、未だに母がイライラして出す音などにビクビクして、機嫌をとろうとしてしまいます。
という事に数日前に気づいたので、まずはビクビクする必要はもうない事を自分に言い、機嫌をとるのをやめ、うまくいかない時は物理的に距離を取る……といった事を色々試しています(*´ー`*)
特に、14歳か15歳辺りで言われて、非常に大きな傷になった出来事がありますが、あれ以来母に対して失望、期待しない、今後家を出たら極力会わない、と決めてしまってます。(育ててくれたし、愛情もかけてくれたのはわかるし、今もかなり世話になっているのでそう思う自分にやきもきしているのはありますが)

でもようやくこれ関連の事を、最近になって少しずつ解いていったり、冷静に観察出来るようになってきたような気がします。まだちょっと根深いかな?という感じもありますが……_(:3 」∠)_

私はこの先子供を産むか、持つかわかりませんが……まずは、妹への当たりをもっと気をつけようと思いました。もう遅いかもしれませんが(◞‸◟)
でもそうする事で、今後もしも子供を持ったときに、負の連鎖を生む危険性がもっと減るのかなと思いました。

2019/04/09 (Tue) 23:38 | REPLY |   

Makoto & Kei  

Re: そうだったのかと思いました

> めーぷるさん

コメントありがとうございます^^

私たちが「子どものこと」を書いているのは、誰にでも子どもの時があって、その子どもの時の体験が大人になった私たちにとって大きな影響を与えているからです。

今回の記事は、お母さんたち向けに書いていますが、めーぷるさんのように「自分の母はどうだったか」「自分の子どもの頃はどうだったか」と振り返っていただけるのはとてもよい視点だと思います。


> まずはビクビクする必要はもうない事を自分に言い、機嫌をとるのをやめ、うまくいかない時は物理的に距離を取る……といった事を色々試しています(*´ー`*)

そうですね、「大丈夫だよ」とご自身に言ってあげて下さい^^
上手くいかない時は物理的に離れる、というのも必要なことですね。


> でもようやくこれ関連の事を、最近になって少しずつ解いていったり、冷静に観察出来るようになってきたような気がします。

冷静に観察できるようになってこられたことは大きな一歩ですね!

以前の私(Kei)は、「母はどうしてこうなんだろう?」と思う時、必ず心の奥で「母はどうして私にこんな思いをさせるんだろう?」と”私の気持ちベース”で考えていました。

その頃の私はめーぷるさんと同じで、恩は感じているし、感謝はしているけれど・・・というジレンマ状態でした。母とは普通に仲がよかったのですが、ちょっとしたことで母の機嫌が悪くなると心底うんざりしていました。

ですが、数年前から「母はどんな思いや考えがあってこういう言動をするのだろう?」と自分の気持ちとは切り離して母のことを観察することができるようになり、少しずつ『私の母である人』のことが理解できてきました。

私が自分の気持ち(不満や恐れ、憎しみ)と切り離して母を見れるようになったのは、私の幼い時の心の傷が潜在意識調和プログラムで癒されたことが大きく、それがなければ心の奥で母を恨んだままだったかもしれないと思います。


> まずは、妹への当たりをもっと気をつけようと思いました。もう遅いかもしれませんが(◞‸◟)
> でもそうする事で、今後もしも子供を持ったときに、負の連鎖を生む危険性がもっと減るのかなと思いました。

遅いことはないですよ!
親子やきょうだいは離れていても潜在意識では深くつながっていますので、妹さんへの気持ちを柔らかくすることはめーぷるさんにとっても妹さんにとっても目には見えない癒し効果があります^^

それは将来子どもさんを持たれた時にもつながりますし、子どもさんを持たれなくても心の豊かさや平穏につながっていきます♡

2019/04/11 (Thu) 13:31 | REPLY |   

めーぷる  

To Makoto & Keiさん

コメ返ありがとうございます!
返信をいただけたことで、更に考えがまとまった気がします。

Keiさんの以前のお話、とてもよくわかります……!
最近、自分の気持ちと切り離して考えられる事も多くなってきたので、しばらくは色んな方向から疲れない程度に観察などしていこうと思いました!

遅くはないのですね!よかったです。
既に実践してみていますが、たしかに自分が癒されているような感覚がします。
さらに続けていきたいと思います(*´◒`*)

2019/04/11 (Thu) 18:18 | REPLY |   

Makoto & Kei  

Re: To Makoto & Keiさん

> めーぷるさん

> 返信をいただけたことで、更に考えがまとまった気がします。

それはよかったです^^


> 遅くはないのですね!よかったです。
> 既に実践してみていますが、たしかに自分が癒されているような感覚がします。
> さらに続けていきたいと思います(*´◒`*)

分析、行動、実感、素晴らしいですね(*^^*)!

コメント返信ありがとうございます!

2019/04/11 (Thu) 19:07 | REPLY |   

Post a comment