FC2ブログ

キャサリン様と引寄せ

Kei:日本対ベルギー戦、熱かったですね!

ワールドカップに限らず、サッカーを見ていて思うのですが、実力的に強い方が必ずしも勝つわけではなく、「運」というか「流れ」というか、究極の精神状態で、色々なものがほんのわずかなところで噛み合ったり噛み合わなかったりして結果になる。

ある意味、「宇宙が表現されている」と言っても過言ではない、と思いますね。

キャサリン様:はい、そうですね。

精神状態もそうですし、運というのもあるかもしれません。

小さな幸せが大きな幸せにつながるのと同じで、小さなきっかけがきっかけを呼んだ、と言えると思います。

勝った負けたという勝負で、最後の最後まで気を抜かない、ということも必要だったでしょう。相手はやる気に満ちておりました。

Kei:コメンテーターみたいになってますね。

キャサリン様:テレビを見ながら選手、関係者、解説者の方々から情報を読み取っておりましたから。

「運」ということで言うなら、ベルギーの方が運を引寄せる気持ちのエネルギーが大きかったです。

日本は2点取ってほんの少し安心してしまっていたところもありましたし、「チームで」という気持ちが強かったように思います。

ですが、ベルギーは「チームはベースとしてあるものの、自分一人でも点を取りに行ってやる!」という気迫が一人一人の選手にとても強くありました。私はその思いの強さがほんの少しの差になった、と思っております。

ベルギーの選手は、自分がいる場所を信頼しているのです。すると、なんとなく運がついてくるのです。

自分の選択、自分のいる場所に対して安心感がある。それは引寄せにとって最も重要なことです。

プラス、やるぞ!という気持ちです。◯◯をやるぞ、と決めるのです。

Kei:日本の選手も本当に気持ちは強かったと思いますが、それは相手も同じでしょうからね。

連勝して決勝トーナメントに進んでいる国の自信や勝ち気が、ほんの少し日本より大きな力となったのでしょう。

ガーラ様:みんなよくやっただパオン。

それに尽きるだパオン!

Kei:間違いない!



Kei:ところで、キャサリン様は普段、"引寄せ"したりしてるんですか?

キャサリン様:お菓子ですか?

Kei:いえいえ。私たちのお客様を引寄せてくれたりしているのですか?

キャサリン様:してますよ。インスタのコメントを考えたり、カレンダーの毎月の目標を考えたりしています。

Kei:そういった物理的な行動による引き寄せの他に、不思議な力で引寄せて下さったりしてますか?

キャサリン様:そんなことをしたら笑われます。

ガーラ様:笑われるだパオン。

Kei:笑われる?誰がですか?

キャサリン様:私とガーラがです。

Kei:誰に笑われるのですか?

ガーラ様:古い魂の仲間たちから、だパオン。

Kei:どうして笑われるんですか?

キャサリン様:私たちの本体は、形のないエネルギー体なのです。”何か”から最初に生み出された古い古い魂なのです。

私たちはいわゆる、”宇宙そのもの”でもあります。

宇宙そのものが、宇宙に対して引寄せをしようとする、というのはおかしな話なのです。

Kei:人間が人間のマネをしようとするような感じですか?

ガーラ様:そうだパオン。

すでに人間なのに人間になろうとすることはしないだパオン。

私たちは、人間にとって、”目に見えない存在=ないもの”だパオン。

”ないもの”が人間の世界で力を使いすぎてはいけない、というルールがあるだパオンよ。

キャサリン様:私たちや私たちの古い仲間は基本的に「高みの見物」をしています。

何もせずに世界を「見ているだけ」なのです。

私がこの小さな仏像の器を通して、”キャサリン”になることを他の仲間は笑いました。

「なぜわざわざ器に入ろうとするんだ」と。

ガーラ様:私が地球に入った時も笑われただパオン。

キャサリン様:私たちはある意味変人なのです。

そして、この器に入っていることさえ、”きわどいこと”です。

※きわどいこと=影響を与えすぎてはいけないという宇宙のルールからするとぎりぎりのところ。

ですので、物理的な行動として私たちが何かを発信した結果、人やモノ、チャンスを引寄せることはあるかもしれませんが、私たちが見えない力を使って引寄せをすることはありません。

私たちが発信するものを見て、私たちに興味を持って下さり、会いにきて下さったり、インスタのフォローをして下さったりするのはとても嬉しいことです。

ガーラ様:嬉しいだパオン!

IMG_0669.jpg 

ほのぼの




0 Comments

Post a comment