FC2ブログ

希望

僕(Makoto)は前世の記憶を持ったまま転生を繰り返すという特質?障害?を持っています。
 
そんな僕は、今世生まれてくるのが心の底から嫌でした。
 
なぜかと言うと、時代は変わっても人間の嫌なところは変わらない、というのを体験として積み重ねてしまっていたからです。

 
僕はいつの過去生のときも「人はみな本来平等な存在である」と知っていました。
 
だから、強いものが弱い者をいじめ、いじめられた者がさらに弱い者をいじめるのが理解できませんでした。
 

僕は、
 
きっと生まれ変わりがあるってことや魂のことを話せば、
 
生まれた環境や立場が違うだけで‟人は本来平等な存在なんだ”って伝わるんじゃないかと思って
 
生まれ変わるたびに、そういう話を周りの人にしていました。
 

理解してくれて、気持ちが楽になったと言ってくれた人もいたけれど、ほとんどの過去生では拷問されたり、奴隷のような扱いを受けたり、異端者、国に仇なすものとして弾圧されて亡くなっています。
 

そして、次は、次こそは…と思って何度も生まれ変わりました。
 
けれど、裕福な家に生まれた時は、親が使用人を虐げ、使用人が子どもの使用人をいじめるのを目の当たりにし、奴隷として生まれた時は、奴隷の中で強いものが弱い者に暴力を振るうのを目の当たりにしました。
 

どの時代でも、どの国でも、どんな立場でも…強い者から弱い者へのいじめ、憂さ晴らしの連鎖がない世界はありませんでした。
 

それを見ているのは心が痛いんです。

だから、そうじゃないよって伝えます。
 
そして心と体を痛めつけられて霊界に帰ります。

僕のせいで大切な人が痛めつけられたこともありました。
 
それを何度も何度も繰り返していて、心が折れたんです。
 
僕は人間で、心と体があって、傷ついたら痛いんです。
 

生まれ変わっても記憶がリセットされなくて、忘れられないから……そういった体験が記憶として募っていきました。
 
いつの時代でも、人は変わらない。
 
そんな諦めを感じて、もう人として転生するのが嫌になってしまっていました。
 
 
ですが、「今回は時代が大きく変わる時です」「今までとは違いますから」と霊界の係りの人に散々言われて、半ば無理やりまた人間として降ろされました。
 

今の時代でも、
 
会社で嫌なことがあると子どもに当たる親、親への不満を他の子をいじめることで晴らしている子どもたち、何かが上手く行かなくて他の人に当たる人、ネットで顔が見えない相手にぶつける人、いつの時代にもあった、同じことが繰り返されています。
 

でも、今回僕は今までの過去生とは違う“希望”を見出しています。
 

今世は
 
同じ考えを持つ仲間と一緒に “みんなが幸せな世界” “みんなが尊重し合える世界” を実現していけるんじゃないか
 
少なくともその足掛かりになるようなことができて、次の世代に引き継ぐことができるんじゃないか
 
そう感じています。

0 Comments

Post a comment