FC2ブログ

中身を詰めていく

私たちが販売しているコンシャスペンデュラムで購入後1年以内になんらかの調整が必要になったという割合は全体1割ほどです。ご購入後、数年経っても調整が必要になっていないという方も多くいらっしゃいます。

そういった状況の中で、今回ご紹介するのは、短い期間に2度の調整が必要になったTさんとの会話です。


Kei:Tさんにおかれましては、ペンデュラムの調整が短い期間で必要になっていて、どうしてだろう?というのをMKで検討したのですが、Tさんのエネルギーが急激に大きくなりすぎていると感じています。

Tさん:そうですね。自分の意識に変化が起こったり、こうしていこうと腑に落ちた翌日にペンデュラムが動かなくなったりしているので、自分の変化がペンデュラムの調整につながっているというのはよく分かります。

Kei:はい。それはとても素敵なことだと思うのですが、気になっているのは期間が短すぎる、ということです。ペンデュラムの調整をする際は、未来予測をしながらしばらく調整が必要ないように十分なエネルギーアップを行っています。

にも関わらず、数週間で調整が必要になるというのは、想定の範囲外すぎて何か考えないといけないことが起こっていると思われます。

Tさん:私のようなケースは珍しいということですか?

Kei:はい。なくはないのですが。

ペンデュラムがリードして急いでエネルギーや意識レベルを上げ過ぎている場合で、ペンデュラム側に私たちからお話して変化のスピードを緩めてもらうようにお願いする、ということが今までにありました。

基本的にコンシャスペンデュラムはバランスを取りながら少しずつマスターの成長を促していこうとするけれど、マスター側が先走ってしまっている場合、ペンデュラムにも止められなくなってしまいます。

Tさんの場合は、ペンデュラム主導ではなくご自身が主導でどんどん変化されているので、Tさんに直接お話させていただいています。

Tさん:はい。それは潜在意識統合プログラムを受けたり、ペンデュラムとよく交流しているから、というのも関係ありますよね。

Kei:はい。確かに、その通りですが、それでも早すぎる、ということです。誰もがやろうと思ってできることではないと思うので本当にすごいことではありますが。

あまりにも早すぎるエネルギーアップや意識レベルの上昇は、やっている時は楽しいかもしれませんが、Tさんにとってあまりよくないことになる可能性が高いのでこのようなお話をさせていただいています。

Makoto:この図を見て下さい。

意識レベル 

数字の0~10が意識レベルの高さもしくはエネルギー量を意味していると思って下さい。AさんもBさんもCさんも同じくらいレベルが高い状態です。

ですが、意識レベルやエネルギー量が上がっても、AさんやBさんのようにその間が詰まっていないととてもバランスが悪いです。ふと我に返ると、叩きつけられるような感覚になる。

Kei:分かりやすく言うと、とても分かっている自分(意識の高い自分)と、分かっているのにできない自分の差が激しく感じられて精神的にバランスが取れなくなるということです。

全部愛よね、って分かるけど、日常的にイライラしたり落ち込むことが多い、とか。

Makoto:あとは、これくらいのレベルであればすでに使えるはずの能力が使えないとか。

Tさん:分かります。

Makoto:Tさんに限らずに、スピリチュアルに興味がある人は同じような状態(間が詰まっていない)になっていることが多いように思います。興味がある分、どんどん拡大だけしていってしまう。

Tさん:どうしたら間を詰めることができますか?

Makoto:1つ1つ身近にあるものを感じ尽くすつもりでやってみて下さい。

それから、今の自分に何ができて何ができないのかを把握してみて下さい。

そうすることで、より安定するし、自分のエネルギーを能力として還元していくことができると思います。

エネルギーが大きくて意識も高いのに、何もできないと感じる人は、自分の持っているものがどう使えるのか、何ができるのか、自分はどんなことを感じ取っているのかを把握していないからです。

Tさん:なるほど。そうなんですね。

Kei:スピリチュアルな能力だけでなく、日常的に使えること、例えば計画的になる、とかより情熱的に物事をすすめられるようになる、とか人によってどんな能力に還元できるかは様々です。

Makoto: Tさんは、意識を上げること、エネルギーを大きくすることへの興味を小脇に抱えて、まずは足元から感じ取っていくことをしてみられた方がいいと思います。

地球の素晴らしさを感じつくすくらいの意識で身の回りのものを愛す、自分を愛す、ということをしてみて下さい。

Tさん:よく分かります。

Makoto:その状態を味わいつくして、次のステージに上がって、またそこを味わいつくす。そうして少しずつアップさせていった方が、本当の意味での向上になると思います。

新しい知識を入れたり、先に先に、上に上に…と意識を向けるのは楽しいことだと思いますが、僕は“今”に意識を向けて足場を作っていくことの方が大切だと思います。

0 Comments

Post a comment