FC2ブログ

過去生からの引継ぎ

今回の内容は特殊な用語を使っていますので、前回の記事を読まれた後に読まれて下さい。
前回記事『源体験』


けい: ここ最近、潜在意識統合プログラムを受けている方の源体験で、過去生の出来事が出てくることが多いですね。

以前受けていただいていた方では幼少期やお腹の中での体験がほとんどで過去生の体験が源体験になっていることはほとんどなかったのに。

過去生の出来事が源体験となっている(過去生の体験を引き継いでいる)方の特徴って何ですか?

キャサリン様: よい質問です。

過去生の体験が源体験として出てくる方の特徴は、過去生に自死した存在が多い場合です。

短命だった(30歳以下でお亡くなりになっている)場合も、志半ばでお亡くなりになっているため、次の生以降に引継ぎをしやすい傾向にあります。

けい: なるほど。確かに、源体験となった過去生の方のエピソードを聞いていると最終的に自死されていたり、若くしてお亡くなりになっている場合がほとんどでしたね。

自死した場合、どうして引継ぎがされやすいのでしょうか?

キャサリン様: それもよい質問です。

シナリオ(人生設計)を無視して自死されているので、そのシナリオが次の生に引き継ぎされるのです。

けい: つまり、苦難を乗り越えて、何かしらに気付いたり何かをするシナリオだったのに、それを途中で中断したため、苦難の体験を潜在意識の中に持った状態で次を始めないといけないということですか?

キャサリン様: はい。そのようなシステムになっています。

けい: でも、お客さんの過去生の人の体験を聞いていると、とても悲惨で自死するのも分からなくはない感じのことが多いですよね。

キャサリン様: そうですか?

それを乗り越えて生きていらっしゃる方もいるでしょう。幸せになる方もおいでですよ。

けい: まぁ、そうですね。

キャサリン様: 色んなエピソードがあります。

過去生での体験は、自分のもののようであって自分のものではないのです。

同情したり、感情移入したりする必要はなく、ただ知るということが重要なのです。

映画をみている感じであったり、物語を読んでいるような感じでただ認識すればよいのです。

けい: 自分ではない過去生のものに今の自分の人生が左右されていると思うと、「勘弁して下さい」って言いたくなります。

キャサリン様: ほほほほほ~。

そうでしょうね。私でもそう思うでしょうね。ほほほほほ~。

ですが、こればかりは仕方がないのですよ。

魂を共有しているのですから。その時の自分(過去生)の記憶を引き継いで持ってしまっているのです。

その生を終わらせることはできますが、魂を殺す(終わらせる)ことはできませんからね。

けい: うは~。。

キャサリン様: なので、癒すということをしていかなければいけないのです。潜在意識にある過去生の体験の記憶を手放すことで、魂の課題がクリアされたことになります。

けい: え~。何で私たちがそれしないといけないんですか。

キャサリン様: よいのですよ。そのままでよいとおっしゃるのであれば。

手放すも置いておくも皆様の選択次第です。

けい: なぜ、過去生の人が、過去生で癒したり、手放したりしてくれなかったのでしょう。

キャサリン様: 人生を楽しく生きる方法はたくさんあるのです。

魂で引き継いでいるブロックがあったとしても、ネガティブなところもポジティブなところも全部自分だと受け入れることができたなら、前に進んでいくことができます。その時の生は楽しく生きることができるでしょう。

ただ、その場合、魂で引き継いでいるブロックは癒されてはいないので、次にまた引き継がれていきます。

エンドレスです。引き継がれている情報が多ければ多いほど、次の生のスタートは苦難でしょう。

もし、今の生で持越しをクリアしていくことができたなら、この生で人間を卒業することができます。

けい: つまり、もう人間として生まれ変わらないということですか?

キャサリン様: はい。そのように選択されることができます。

けい: そうなるための1つの手段を私たちは提供することができているということですか?

キャサリン様: そのためのものとして、私はまことと一緒に潜在意識統合プログラムを開発したのですから。

前に進みたいけど、前に進めない。

何かしら理由を付けて前に進めない人のためのプログラムです。

一緒に開発したと言っても、私は少し手伝っただけで、この子(まこと)が作り創り上げたものですが。





6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/25 (Fri) 12:44 | REPLY |   

まり.T  

まさにドンピシャ〜

私の過去生では14歳で事故死ということで…成る程なるほど、引き継いでいるのは納得ですね〜、若いですもんね!
過去世でも繋がりのあった娘たちとまた一緒になれたことは幸せだなと感じます。私が願ったことなのか、娘たちが願ったことなのか。。。

今回、クリアになると人間に生まれ変わらないということですが、例えば、それでもまたこの子たちと家族になりたいと願った場合は人間に生まれ変わるのでしょうか?今だと、この家族たちと会いたいなぁと思ってしまいます。

2016/03/25 (Fri) 14:06 | REPLY |   

Makoto & Kei  

Re: タイトルなし

※非公開コメントに対する返信です。

>かえでさん

こんばんは!

そうですね、今の状況はブロックが出てきていると考えられますね。少しずつ段階があるというのはその通りです。焦らず根気よくやっていきましょう!
セッションでお伝えしたワークをしばらく続けてやってみられて下さい☆

潜在意識統合プログラムを遠隔でやってほしいというご要望は多いのですが、画面越しに数時間集中して情報を読み取るというのが現時点では限界を超えてしまっているんです。ものすごい神経と集中力を要する作業ですので。

いつか、熊本に来られる機会があれば是非受けていただきたいものです^^

コメントありがとうございました☆

2016/03/25 (Fri) 21:18 | REPLY |   

Makoto & Kei  

Re: まさにドンピシャ〜

> まりTさん

そうでしたね^^
あのお話しをした時は私もどうして引継ぎがされる場合とされない場合があるのか知らなかったんです。

まりTさんが「また生まれ変わって子どもたちと一緒になりたい」と願い、かつ子どもたちも同じように思ってくれていて、守護チームも納得すれば、同じように家族として生まれ変わることが可能だと思います。

ただ、「もうそろそろ自分の大きな意識に戻りたいから、生まれ変わるのは最後にしよう」と決めて今世生まれてきている人は多いので、いくら幸せだからといって、子どもたちが同じように生まれ変わることを望んでくれるかは分からないところですね。

人間を卒業しても魂の仲間たちとは違う次元で違う遊びをすることになるので、それはそれで楽しいのではないかと個人的には思っています^^

2016/03/25 (Fri) 21:25 | REPLY |   

かえで  

はい、根気よくやってみます!

ひえ〜そうなんですね>_<
そんな大変な作業を、いつも本当にありがとうございます。

いつか熊本に行って受けたいです!
その時はよろしくお願いします(*^_^*)

2016/03/26 (Sat) 13:57 | REPLY |   

Makoto & Kei  

Re: タイトルなし

> かえでさん

はい(´▽`)☆

こちらこそ、いつもありがとうございます!!

2016/03/27 (Sun) 22:46 | REPLY |   

Post a comment