FC2ブログ

陰陽のバランス(地球編)

昨日の続きですので、まだ読まれていない方はそちらから読まれて下さい。
過去記事⇒陰陽のバランス

私はずっと、どうして戦争があるんだろう。目覚めていく人が増える一方で自ら闇に入り込んでいく人も増えている気がする。これは一体何なんだろうと思っていました。

特に最近のIS(イスラム国)関連のニュースを見ていると不思議でなりませんでした。


今回、陰陽のバランスから、地球規模で起こっていることを考えてみたいと思います。


※図はあくまでイメージです。

※白、黒、戦う という表現も便宜上のものですのであしからず。


1) ただ生きることに必死な状態。混沌。混じりあって灰色。

スライド1



2) “生き方”に興味を持ち始めるとき、世の中の色んな側面が少しずつ見えてきている状態。経済的豊かさの追求、心の豊かさの追求、安全の確保、教育や福祉の充実。

スライド2



3) だんだん現状が改善されていく。明るい白の部分が際立ってきている状態。例えば、ビジネスで成功して豊かになる人が増えてきたり、心の豊かさを充実させる人が増えてくる。一方でこれまで抑えていた暗い黒の部分もはっきりしてきます。

スライド3

豊かな人が出てくる一方で貧困(格差)を感じる人が出てきたり、環境破壊が進んだり。しかし、この状態では白になっていること、改善されていることに目が向き、勢いがある状態。



4) さらに生活環境が改善されたり、学びが深まっていくと、白の部分が大きくなっていきます。同時に、黒の部分も大きくなっていき、もう無視できない状態になってきます。

スライド4

豊かな人に搾取されていると思う人たちの不満は積もり、戦争でやられた側の恨みは世代を超えて大きくなり、教育は押さえつけることが主になり、できない人は置いていかれるような状況ができていきます。



5) 大きくなった黒は、白と同じくらいの力を持っており、自分のことを嫌って無視してくる白を攻撃し始めます。このとき、大きな衝突を体験します。

スライド5

各地で紛争は絶えず、戦争もなくならない。豊かな国でもテロや凶悪犯罪が起こっている状態で、まさに今の地球の在り方だと思います。アメリカでは、ニューエイジブームと言われるスピリチュアルの巨大産業が発展し続ける一方、戦争はする。豊かな国に生まれ育った人たちが、わざわざ他の国に行ってまで破壊、虐殺、占領をするという、IS(イスラム国)が表面化させている闇。



6)-A
このとき、白にばかり執着して黒を無視し続けると、ポジティブ万歳!の偏った状態になります。白のエネルギーで黒を押さえつけるのに力が注がれます。

6)-B
そして、黒のことを気にし過ぎると、どうしてこんなことをするんだろうとその人たちや状況が嫌になったり、許せなくなってきます。そして無理やり白に変えようとします。

6)-C
黒を選ぶと、一時的に楽になります。どうせ自分はだめだ。あいつが悪いんだ。と諦め、自暴自棄になり、他人のせいにすることは一見苦しそうですが、楽な選択なのです。黒に傾倒して他の人を批判してみたり、毒舌を吐いてみたりし、これがありのまま自分だから!と開き直って黒に傾倒している自分を正当化します。これが進むと人を殺したりする自分も正当化してしまいます。

Cの場合はしばらく同じところにいることになります。

6)-D
黒を愛で包み込んでしまうことができた場合。全てを許し、愛し、包み込めた場合、衝突する時間は最短で、次のステップに進みます。



AもしくはBの状態で戦っている場合、長い戦い衝突の末、次のステップに到達します。

7) 次に訪れるのは”崩壊”です。崩壊自体は体験する時はつらいでしょうが(一時的に戦争が激化したり、現実が崩壊したり、感情が爆発したり、震災が頻発したり)、エネルギー的に見ると、同じ力で白と黒がぶつかると、白が勝つという法則がありますのでご安心を。黒が砕け散り、分散されます。

プレゼンテーション1

このとき、小さくなったものが白の中心へ入り中からチクチクと突き刺したり、周りから刺激してきたりします。けれど、一つ一つは小さいので、気づいてケアしてあげたり、分かち合うことで分かり合えるようになっていきます。

そして、地球規模で今までの在り方を振り返り、地球人としての生き方、あり方を考えるようになります。みなが自分の役割を演じていると思えるようになり、攻撃することがなくなっていきます。



8) 統合が進んでくると、黒が力をなくしていきます。あることはあるのですが、そこに力がなくなっていきます。

スライド7

例えば、一人が戦争をしようと言っても、周りが全く賛同しなくなり、もっと楽しい方法をその一人に伝え、言い出した人も納得するという感じです。



9) そして、いわゆる目覚めた状態。陰陽の法則、『光があるところには必ず闇がある』から、完全に光だけにはならないのですが、もう闇に力がありません。こうなると色んな人や考え方があっていいね!と本気で思えている状態です。

スライド9

※PC画面上では白背景なので、画像が同一化しています。見づらくてすみません。もう枠もないくらいの白だと思って下さい。


一体どんな世界なのでしょう。想像もできませんが、とても安らかで解放感があり、心地がよさそうです。



個人の中で起こることは、自分の周りのコミュニティでも起こることですし、広げていけば、地球規模で起こっていることと同じ原理が働いていることが分かります。

まずは自分から。それは地球規模での変化に確実に繋がっています。

逆に、自分の中で葛藤している人は、世界が平和になる方法を考えることで、自分の心とどのように付き合ったらよいのかが見えてくるかもしれませんね^^


0 Comments

Post a comment