FC2ブログ

なぜネガティブになるのか

スピリチュアルな学びを深めてくるにつれて、ネガティブな感情に襲われるという一見パラドック的な体験をすることがよくあります。そんなとき、進んできている分、そのネガティブな感覚が嫌で嫌で仕方なく感じてしまいます。

その時に何が起こっているのか、4つのうち、今日は3つをご紹介したいと思います。


この上がって落ち込む現象、原因の1つは潜在意識の働きによるものです。


潜在意識には恒常性維持機能という性質があり、現状を保とう保とうとします。なぜなら、生命を守るという重大な役割りがあるからです。

少なくとも昨日まで、さっきまでの自分と同じであれば生きていられる=安全なので、それが変化してしまうことは生命の危機とみなされます。ですので、変化に対して異常事態信号を出し、全力で元に戻そうと働きかけます。

ダイエットが失敗する原因の一つにもこの潜在意識の元に戻そうとする働きがあります。

こういった潜在意識の働きの一環で『落ち込ませて波動を下げる(元に戻す)』ということをしてきます。

変化し始めてすぐは、興奮のアドレナリンが出ているので、楽しくてしかたないでしょうが、ふと落ち着いたときに、潜在意識の元に戻そうとする働きに巻き込まれることになります。


この働きを知っているかいないかでも、ネガティブな感情に襲われたときに落ち着いていられるか、完全に飲み込まれてしまうかの違いがあります。変化しているからこそ起こっている自然な反応なんだと思ってみて下さい。



2つ目は、変化を決めたあなたに対して、その本気度をアドバイザーやガイド、宇宙が試してきます。


周りで関わっている人たちからの非難や、自信を失わせるような出来事を体験させ、それでも変わりたいと思っているかどうかを試してきます。

ですので、一時的に現状が悪くなったように感じ、せっかく学びを深めてきているのに…と落胆してしまうような状態になります。そこで、落ち込んだり、泣いたりわめいたりしながらも、変わろうとする意思があるかどうかを見定められていたりします。

この場合、現状に振り回されずに、自分はこうしたいという芯、情熱を持ち続けていることが重要なカギとなってきます。

それと、柔軟に物事に対応できる力が必要な要素となってきます。(柔軟性が試されるもしくは、柔軟性を身に付けるきっかけとなる)



3つめは、変化するのを妨げているブロックを外させるために、アドバイザーがブロックをどんどん表面化させてくることです。

軽くなるためには、無意識に溜め込んでいる荷物に気付き、手放していくことが必要になってきます。手放すためには、その存在に気付くことが必要なので、その存在に気付かせるためにブロックやトラウマとなっている感情を体感させてくるのです。

すると、なぜか分からないけれど、イライラして仕方がない、悲しくなる、何も起こっていないのに気落ちするなど、自分でもよくわからない状態に陥ります。


同時に、分離していた意識が気づいてほしくて訴えてきたり、インナーチャイルドが泣き出したり、今まで抑え込んでいたものが一斉に暴れ出したりします。こうなるととっても大変な状態になります(苦笑)

関連記事はこちら⇒分離した意識を統合する方法


それでも、それらを変化のために必要なブロックの炙り出しが起こっていると客観的に捉えて、どんどん手放していくことができれば、少しずつ物事がスムーズに動いていくようになります。

出来事を中立に見て、感じるものをただ手放していって下さい。手放すためのことしか起こっていないと思って下さい。



今日お伝えしたような“落ち込み”を体験されているまっただ中ではとてもつらく感じるでしょうが、それぞれお伝えしたような方法で自分と向き合っていかれることは、自分自身やサポーターとの交流になり、直感やチャネリング能力の向上にもつながります。

もちろん、あなたが望む変化に必要なステップを踏んでいる状態なので、乗り越えることで大きな変化が訪れます。


意識状態の変化を図にするとこんな感じです。

上がり下がり

上がったり下がったりしながらも確実に上に上がっていっているのです。


落ち込んでどうしようもない時は、遊んだり、おいしいものを食べたり、カラオケで発散したり、無理せずひたすら寝たりしながら過ごすのもよいと思います^^

私もずいぶん上がり下がりしながら少しずつ信じて歩んで来ていますので。そして、今はその先を体験しています。


それが4つ目の陰陽のバランスです。これは少し内容が長くなるので、明日の記事で書きたいと思います。


0 Comments

Post a comment